りそな銀行カードローンは安心!誰にもバレないで利用可能

りそな銀行カードローンは安心!誰にもバレないで利用可能

家族にも職場にも知られたくないけれど、りそな銀行カードローンやおまとめローンを利用しても大丈夫なのでしょうか。もちろん誰にもバレないで使用することが可能ですが、注意点もあります。

 

「家族にバレないようにする方法」

カードローンを使用する場合、どうしても家族にバレないようにしておきたいという人も多いでしょうが、このようなことは可能なのでしょうか。
りそな銀行カードローンやおまとめローンを使用すれば、家族にバレないように利用することが可能になっています
まずはどのようなときに家族に知られてしまう可能性があるのかを知っておきましょう。

 

家族に知られてしまう原因は主に3つあるのですが、1つ目は契約書の送付、2つ目は同時に口座を開設した場合、キャッシュカードが送付されてしまうこと、3つ目は支払い期限に遅れたときにかかってくる電話や送付されてくる督促状です。契約書が送付されてくる場合には、こまめに郵便受けをチェックしておく方法と、直接郵便局まで取りに行くことを希望すればよいのです。

 

郵便局留めという方法もあるのですが、この方法は金融機関からの送付については難しいでしょう。直接郵便局まで取りに行く方法を営業局留めというのですが、この方法であれば可能な場合があります。
キャッシュカードに関しても同様なのですが、キャッシュカードが届いた場合には、カードローンを使用したことがわからないことも多いので、それほど気にする必要はないでしょう。

 

支払いの催促の電話や督促状に関しては、支払い期限に遅れなければ全く心配はいりません
これらの注意点を抑えておくことで、家族にバレないようにりそな銀行カードローンやおまとめローンを利用することが可能になります。

 

「勤務先にも知られたくない」

よく勤務先に電話がかかってきて、りそな銀行カードローンやおまとめローンを利用したことがわかってしまう場合があるという情報を見かけることがあります。
実際には、勤務先に本当に在籍しているのかを確認するための電話が必ずかかってくるので、確実にわからないという保証はないのです。

 

では、勤務先にわからないようにする方法はないのかというと、決してそのようなことはありません。
他人に配慮することができる勤務先であれば、連絡が来たと言われるだけで、理由までは聞こうとしないのが一般的です

 

しかし、他人に配慮できない会社の場合には、理由を聞いてくることがあるのですが、このような場合にどう答えるのかを考えておきましょう。
勤務先に連絡がくる例は、保証人になったとき、クレジットカードを作成したとき、インターネット回線を導入したときなどです。よってインターネットを導入した、誰かの保証人になった、クレジットカードを作成したなどと言えば回避できるでしょう

 

「まとめ」

どのような場合に他人にバレてしまうのかを知っておくことで、バレないように対処することが可能になります。
事前に情報収集を行い、バレないように対策を練っておきましょう。

page top